open

BagLoginterview〜紙袋と歩んだ、私の仕事史〜

02 「技を継ぐ人」

製造部技術者 和田貴義

Philosophy

私は、『受け継いだ知識と 技術に、経験を積み重ね、 それを次世代に 伝承する人』です。

What I do

製造部・製袋課に所属し、日々製袋機を動かしています。もちろん全て機械任せではなく、調整や修理、型替え、素材に応じた設定変更など、やればやるほど奥深さを感じています。また、同課で工場勤務に当たっている15人ほどの管理や指導も行なっています。

scroll

2003

此花紙工株式会社入社 製造部に配属 Joined Konohana Co., Ltd, belonged manufacturing division

手に職をつけたくて、
技術者の道へ
高校への求人を見て応募しました。もともと物づくりに興味があって、手に職をつけたいとは思っていました。営業や接客は性格的に向いてないとわかってましたし。会長や先輩から教えてもらうにつれて、少しずつ製造技術の奥深さを知っていきました。

2005

特殊な紙での型替えに苦心Struggled to the mold changing for special papers

先輩からの助言を
自分の経験にしていく
リュウオーコートという特殊なコート紙を使うオーダーだったのですが、コシのない紙質のため、なかなか綺麗な型が出ずに苦労しました。当時の上司や先輩方に相談し、具体的なアドバイスをいただいて解決しました。教わった知識は、経験を積み重ねて自分のものにしていく。その繰り返しでした。

2007

製造部主任に就任
Inaugurated as a director of manufacturing division

2015

「生産性向上月間」で目標達成Achieved to increase efficiency in operation

工場勤務メンバー全員の
自信につながった
9月に、工場の生産性を上げるチャレンジをしたんです。通常の生産数を20%上回る数値を目標に掲げました。紙入れや型替えにかける時間を意識的に短くしたり、無駄な動きがないか考えたり。初めこそ私を含め係長クラスが率先して動きましたが、工場が一丸となって、結果的に見事達成できた時はちょっと感動しましたね。

2016

後輩のトラブルをフォローCovered troubles caused by a junior colleague

技術もハートも、
常にオープンに
私は後輩に対して、かつて自分がそうさせてもらったように「困ったらすぐに相談」できる雰囲気作りを心がけています。技術は独り占めしないで全てオープンに。そしていつもにこやかでいること。この時は糊がはみ出てしまうという原因不明の不具合が発生したのですが、後輩がすぐにヘルプを出してくれたので、一緒に原因を探って乗り切ることができました。

OFJ製袋機を導入、ベトナム研修へ Introduced OFJ bag-making machine and visited Vietnam for training

海外工場とは良きライバル関係
OFJとは穴を開けずに持ち手を取り付ける方式で、丈夫かつ安価に作れます。ベトナム工場では一足先に導入していたので、1ヶ月間ベトナムに研修に行きました。現地では私からも技術を指導しました。仲間でもありライバルでもあるんですが、海外工場にはまだまだ負けられない、本社工場が常に先を行っていなければ、とは思っていますね。自分のモチベーションになっています。

製造部係長代理に就任Inaugurated as a deputy manager of manufacturing division

2020

そして2020年、
此花グループ創業60周年イヤーは…

現在指導している後輩達に
さらなる技術を身につけて
もらい、
自分は機械に触らず、管理と指導に専念します。
その先には、工場長を目指します。

2016年にOFJ製袋機が導入されたことで、設備は全国トップクラスになりました。これをフルに活かす一方で、今までに受け継いだ技術を次の世代に伝えていくのが、これからの自分の仕事です。技術があってこそ、営業も自信を持って売ることができます。100年先200年先まで、技術を誇れる会社でありたいと思っています。

製造部技術者 和田貴義
製造部技術者 和田貴義:2

私の必携ツールメジャー

毎日使う道具にはもちろんこだわりますが、特にメジャーは「これじゃないと」と決めています。「いつもの感覚」で使えることが重要なので。手のひらに収まるサイズで、ステンレス製で、ストッパーのあるもの。入社から13年間、メジャー自体はいくつも買い換えてきましたが、この条件はずっと変わりません。

Contact

オリジナル紙袋を、フルオーダーで。
デザインからご予算、納期まで、お気軽に
ご相談ください。
約60年の経験と実績を持つ
スペシャリストが
ご提案いたします。

Tel.(06)6342-0070Tel.(06)6342-0070Fax.(06)6131-5151(平日9:00〜17:00)info@konohana.co.jp

お見積もり・お問い合わせはフォームでも承ります。お問い合わせ

PAGE TOP